楽器
駅の近くで教室を探したい時は、駅名を入力してください。複数可。

駅名 スペースで区切ると複数の語句で検索できます。例)御茶ノ水 秋葉原 など。

地域で教室や出張レッスンを探したい時は、都道府県と市区町村を入力してください。

市区町村 スペースで区切ると複数の語句で検索できます。例)千代田 横浜 など。

東京都豊島区巣鴨のバイオリン・ビオラの先生・教室

レッスンスタジオ

発表会(杉並公会堂小ホール)

東京都豊島区巣鴨のバイオリン・ビオラの先生・教室のプロフィール

教える楽器
  • バイオリン
  • ビオラ

レッスン形態

教室レッスン 出張レッスン

レッスン対象者
  • 大人のレッスン
  • 中高年からのレッスン

中学生以上を対象にしていますが、条件付きで小学5年生以上もお受けします。中高年も歓迎いたします。

生徒さんの年齢構成・男女構成

中学生から60代後半まで。男性1 : 女性4くらいの割合です。最も多いのは20〜40代女性です。

手ぶらでレッスン

教室の楽器をお貸しします。初心者用のヴァイオリン、ヴィオラあります(2,000円/月)。入会後、楽器を購入するまでの期間、自宅に持ち帰れるレンタル方式です。

発表会

毎年一回、一般のホールを借りて個人演奏&アンサンブルの発表をします。生徒さん同士の交流の機会にもなっています。

教室の場所

東京都 豊島区巣鴨

最寄駅からのアクセス

JR山手線、都営三田線巣鴨駅から徒歩7分。(自宅スタジオ)

その他の駅からのアクセス

東急東横線代官山駅から徒歩1分(楽器店内スタジオ/月2回のみ)

教室の近くの駐車場

スタジオの隣りや近くに小規模なコインパーキングが点在しています

出張レッスンのエリア
  • 東京都

都区内。ただし個人指導は不可。アンサンブルやオーケストラのパート練習など、広いスペースが必要な場合のみお受けします。

レッスン料金・入会金

入会金:1,000円(税込み)。月謝:11,000円(税込み、標準コースの月2回の場合)。一ヶ月のレッスン回数により金額は変動します。初心者割、学割、平日昼間割あり。

見学・体験レッスン

お気軽に体験レッスンにお出かけ下さい。1回/1000円/1時間。楽器もお貸しします。

教室・先生の自己紹介

東京藝術大学卒業、ヴィオラ奏者。ウィーン、ロンドンでも研鑽を積む。
大人のための音楽教室。ヴァイオリン・ヴィオラ・弦アンサンブルのクラスを開講しています。

当教室では、基礎技術の向上をまず第一に考え、根気よく丁寧に指導いたします。地道な練習だけでなく、アンサンブルも取り入れて音楽の楽しさを体験していただくようにしています。
経験者に対しても、より難易度の高い楽曲を目指して、まずは基礎技術の見直しをします。
オーケストラのパート練習や、室内楽の指導は別途ご相談に応じます。

受講料は月謝制、月1〜4回まで、回数ごとに設定しています。初心者、学生、平日昼間割あり。
レッスン日時は固定制ではなく、月ごとに相談して決めます。また風邪などで休む場合、追加料金なしで補講できます。

講師プロフィール
幼少時よりヴァイオリンを学び、東京藝術大学音楽学部ヴィオラ専攻を卒業。卒業後、元ウィーンフィル団員でウィーン国立音楽大学教授P.オクセンホーファー氏に師事。マッジーニ弦楽四重奏団員でロンドン王立音楽院教授のM.オートラム氏に師事。
全国のオーケストラに首席奏者として客演、ソロ、室内楽、演奏指導など幅広い活動を行っている。
近年は英国音楽に魅せられ、リサイタルやレクチャーコンサート等で作品を紹介している。
日本紅茶協会認定ティーインストラクターでもあり、その資格を生かして音楽と紅茶の世界を融合したサロンコンサートを定期的に開いている。
東日本大震災後は、たびたび東北に赴き、音楽の力によって人々に心の健康を取り戻していただく活動を行っている。

東京都豊島区巣鴨のバイオリン・ビオラの教室の「指導方針」や、先生の「お人柄」について

Q1.先生が好きな曲や演奏家、作曲家、好きな言葉を聞かせてください。

前衛音楽以外であれば全般的に好きです。英国音楽の研究をしていますので、20世紀前半の英国作曲家が特に好きです。バックス、フィンジ、ブリッジ、ホルスト、グレインジャーなど。ただし、レッスンで取り上げるのは難しすぎるので、もっぱら自分の演奏だけです。
他に、私の中で絶対的なポジションを確立しているのはモーツァルトとバッハ。モーツァルトを弾いていると、彼がすぐ横で一緒に弾いているように錯覚するくらい身近な存在。バッハは、自分の心と対話したい時や、心の平安を取り戻したい時に演奏します。

最も大切にしているポリシーは「自然体」。作曲者の意図に沿った自然な演奏が好きです。各文献などから作品が生まれた背景を理解し、楽譜通りの正確な演奏を心がけます。プラスαの表現は、曲を弾き込んでいくうちに自然に発想がわいてきます。意図的にはやりません。

Q2.先生が教えるときに大事にしていることや、先生をやってきて良かったこと、印象深い生徒さんとのエピソードを聞かせてください。

一にも二にも楽器を構える姿勢、左右の手の正しい所作を徹底的に矯正します。音階と練習曲を重視します。
次に大切なのは、テンポとリズムを身体で感じられるようにすること。カスタネットなどの打楽器を持たせて、手足も使ったリズム打ち練習を取り入れています。受講生同士のアンサンブルでリズム感を養う機会もあります。
アマチュアの方々を教えるということは、講師の立場からすると、様々な職種や環境や価値観を有する人々との出会いであり、音楽界という狭い環境しか知らなかった自分の方が、むしろ大いに社会勉強をさせていただいています。
大人の生徒さんの多くがそれぞれ楽団に所属しており、お互いのコンサートを聴きに行ったり、生徒さん同士で良い友達関係を築くことができ、発表会の打ち上げにとどまらず、講師宅でパーティーを催して無礼講で盛り上がるのが年中行事です。

Q3.先生の趣味や日課にしていること、先生の得意なこと・苦手なこと、先生がいつか訪ねてみたいところ、好きなお料理などを聞かせてください。

日本紅茶協会認定ティーインストラクターの資格も持っています。ティーセミナー、パーティーでの多人数の紅茶サービスなどができます。資格を生かし、ティータイム付きのサロンコンサートを定期的に開催しています。
そんなことからも、お菓子作り、料理は大好きです。
他の趣味はガーデニング。音楽と同じく基礎が大切という考え方に基づき、土作りを最も重要視しています。
手芸もやります。
数年に一度ヨーロッパに旅に行くのが楽しみ。特に英国、ドイツ、オーストリア、東欧、北欧に魅力を感じます。生徒さんも一緒に行くことがあります。

Q4.もっと上手になりたいという生徒さんに、「日常の練習」や「日々の過ごし方」に関して、アドバイスをお願いします。

老若男女問わず、背中が丸い、体幹がない、肩甲骨が固まって動かせない人があまりに多いのがショックです。上手になるには「姿勢の矯正」が第一のポイントです。日常生活では姿勢をまっすぐにして過ごす習慣とストレッチ運動をしてほしいです。
ちょっと姿勢を矯正しただけで劇的に音量が増して音色が良くなります。受講生達はそれを目の当たりにして驚愕しています。不自然な奏法もなくなります。

Q5.「レッスンは厳しくてもいいので、とにかく上達したい」という方へのメッセージや、「レッスンは厳しいよりも、とにかく楽しみたい」という方へのメッセージをお願いします。

こちらの教室は、おそらく厳しいレッスンだと思います。口調という意味ではなく、個々の生徒さんのレベルや性格(どれくらいの努力ができるかどうか見極める)に照らし合わせて基礎課題を出し、それができるようになるまで、講師が絶対に諦めないからです。すぐに結果を出そうと焦るのではなく、歩みは遅くても必ず上達すると信じて取り組んでもらうことが、まさに上達への早道です。
とにかく楽しみたい、という方は、課題をコツコツ積み重ねるのみ。いずれ色々な曲が弾けるようになって本当の意味で楽しいですよ・・・!!

Q6.これから楽器を始めたいという大人の方で、「楽譜が読めなくても出来ますか?」、「時間が不規則だけど相談できますか?」と気にしている方が大勢いらっしゃいます。そのような方々へのメッセージをお願いします。

楽譜は最初は読めなくても、読み方のコツをお教えしますので、すぐに読めるようになります。あとはご本人のやる気次第。
月ごとにレッスン回数を変えることが可能です。毎回違う曜日や時間帯でも大丈夫です。レッスン日程は前月中に予約していただくことになっていますが、正当な理由があれば日時変更にも応じます。
また、一ヶ月間来られない場合の休会制度もあります。

Q7.先生の音楽に関する経歴や、これまでに取り組んできたことを聞かせてください。

大学在学中から、全国の殆どのプロ楽団に客演していました。その約半数は首席として弾かせていただきました。海外公演にも同行したり、各楽団のトップ奏者と室内楽をすることもあり、たいへん貴重な演奏経験を積みました。
師事した海外の先生からは、演奏だけでなく、力みのない生き方や音楽との付き合い方を学ばせてもらいました。
かねてより興味があった紅茶の勉強をしたことがきっかけで英国音楽の世界に魅せられ、折々に作品を紹介しています。2001年からティータイムも楽しめるサロンコンサートシリーズを定期開催しています。
演奏指導にも力を注ぎ、それまでの演奏経験を生かして大学や一般オケのトレーナーを務める他、個人指導に於いてもオケのパートをレッスンする機会が多いです。2012年に巣鴨にスタジオを開室し、本格的に指導業を展開しています。

Q8.これから先生に習いたい生徒さんへ、温かいメッセージをお願いします♪

たいていの方は、演奏が上手になりたくて師匠の門を叩くと思いますが、この教室はそれだけではなく、共通の趣味を通して交友関係が広がる機会にもなる魅力的な空間です。
はじめのうちは、弾けるようにならないと心配する方もいらっしゃいますが、初めての発表会を乗り切ると、自分に少し自信がついて楽しくなるようで、急に上達するケースが多いです。とにかく一年間頑張って続けてみましょう。
経験者の方も、基礎技術を直していく過程では、思い通りに弾けなくなる期間があって不安を感じますが、その後には光が待っていますよ。

お問合せ/見学や体験レッスンのお申込み

お問合せ/見学や体験レッスンのお申込みフォーム

お名前
メールアドレス
誤入力防止のため同じアドレスを入力してください。 ・AOLのメールアドレスにはメールが届かないことがあります。別のメールアドレスをご利用ください。
・Yahoo、hotmailなどのフリーメールアドレスにはメールが迷惑メールフォルダーに入ることがあります。受信トレイに届いていない場合は、こちらもご確認ください。
性別/年齢
例)40代の女性です。5歳の息子に習わせたいと思っています。 など。 100文字以内
これまでの音楽の経験
例)幼少時代にバイオリンを習ったことがあります。40歳になりまたバイオリンをやりたくなりました。 など。 500文字以内
お問合せ/見学・体験レッスンの希望する曜日や時間帯
例)土曜日の午後に見学に伺いたいのですが、先生のご都合はいかがでしょうか。教室の近くに駐車場はありますか。など。 1000文字以内

上記でご入力頂いた情報を先生へお知らせします。
この後のやりとりは先生と直接お願いします。また、本サイトの利用規約もご確認ください。

不正利用を防止するため、下記の数字を入力して「問合せる」ボタンを押してください。